· 

変身/古今亭志ん生

 エー・・・えへん。・・・虫というものはぁ、実にコノ奇妙ないきものでして・・・。 
しかしまた・・・落語のほうには、わざわざこれを食してみようなんてぇおっちょこち 
ょいが・・・・かならず出てくるもんで御座いますな。 

 どんどんどん! オイ、ざむざッ、いるんだろッ。いたら返事しろいッ。・・・なんだ 
い寝てるんじゃねぇか。・・・おいッ。どうしたんでぇそのなりは。妙に黒光りして、足ィ 
天井へ向けてつっぱらかって。どっか具合でも悪いの?足がこんなに節くれだっちゃって・ 
・・・ひぃふぅみぃよ・・・・おどろいたね、六本あるよ。・・・こりゃ虫だね。 
 そいや昨日の晩、湯の帰りにこいつに会ったら、こんなでっけぇ毒虫ぶるさげて歩いて 
たよ。それどうするんだって聞いたら食うって言うから、おめぇこの陽気にそんな虫食っ 
たら当たるぞって言ってやったのに、食いやがったんだな。えぇ?・・・どうも、おどろ 
いたね。虫食って虫ンなっちゃったよ・・・。ひどいねどうも・・・・まったく・・・・ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(居眠り)。 

(観客)しーっ、起こすな。寝かしといてやれよっ!!